ロゴ
HOME
医院案内
診療時間
アクセス
ドクター紹介
北野眞由美
大中あおい
浅田優子
小野麻友
スタッフ紹介
院内施設
診療設備
医院のあゆみ
インフォメーション
病気について
補聴器相談
紹介協力病院
インフルエンザ
予防接種について
禁煙外来について
関連リンク
ドクター紹介北野眞由美(院長)/大中あおい・淺田優子・小野麻友

 患者さんの気持ちがよくわかります。

    なぜなら、理事長である私自身が、
      耳鼻咽喉科の主な疾患を経験しているからです。

瀬田耳鼻咽喉科 理事長
北野眞由美


【私の耳鼻咽喉科疾患との永い付き合いについて】
生後
10ヶ月
姉から はしか をうつされ、ひどい急性中耳炎になる
  その後、急性中耳炎、滲出性中耳炎を繰り返し、鼓膜切開をうける
こと数知れず。いつも耳鼻科に通院していました。
10歳頃 滲出性中耳炎による難聴がある為、アデノイド切除を勧められ、手術
を受ける。術後も滲出性中耳炎は快善せず、しだいに慢性中耳炎
癒着性中耳炎に進展し、難聴をきたす。
中学・高校
時代
英語の聞き取りに苦労し、疲れがたまると急性扁桃炎や耳漏に悩ま
されたり、ちょっとしたことで鼻出血し、学校に遅刻したこともあった。
そんな中、耳鼻咽喉科医になって、自分のように難聴になる子供を
なくそうと決意する。
大学時代 右癒着性中耳炎を治す為に、鼓室形成術を2回受け、2ヶ月以上も
入院するが回復せず、補聴器を使うようになる
33歳頃 右耳突発性難聴になり、ひどいめまいと難聴を経験する。またこの頃
より、杉花粉症(アレルギー性鼻炎)を発症し、鼻水、涙を薬で抑えな
がらも、子供の為に公園に出かけ、夜間の鼻閉の苦しさを知る。
  かぜの後に急性副鼻腔炎になり、自分で自分を治療する。

花粉症の季節に多数の患者さんに無理して説明を続けるうちに
急性喉頭炎になり、声が出なくなったこともあった。
45歳頃 ストレスがたまるとメニエール病でめまいを起こすようになる。
3回ほど起こしてからは、自身で気をつけてコントロールしている。
  このように、腫瘍(良性、悪性)以外の耳鼻咽喉科の主な病気は自分で経験して
 いる為、患者さんの気持ちがよくわかると自負しています。